1. 新東京グループでは2012年度に代表取締役社長を委員長とするCSR委員会を発足し、CSR経営を推進しております。CSR委員会のもと多様なステークホルダーの皆様に対し、社会の一員としてとして社会的責任を果たせるよう全社一丸となって取り組んでおります。
    CSR委員会は「環境」「社会貢献」「社員教育」の3つの柱から構成され、横断的な活動を行っています。また、毎月開催しているCSR委員会では、各グループ会社のCSR活動報告や審議を行い、CSR経営を推進するとともに、事業活動とCSR活動の推進を図っております。
  1. 新東京グループは、環境プロデュース企業としてコーポレート・ガバナンスを強化・徹底していくことが、お客様、投資者、従業員、地域住人等の多様なステークホルダーの皆さまへの責任を全うするためには最重要事項であると認識しております。
    コーポレート・ガバナンスの強化・徹底は、様々な利害関係者からの信頼関係を構築し、企業経営の効率性を高め、競争力の維持強化に繋がるものと位置付けております。
    当社グループのコーポレート・ガバナンス体制は以下のとおりであります。